ますます百マス計算
DS陰山メソッドについて
1から10までのものの数を、数字として認識する数の基礎トレーニングです。 「数の合成と分解」のトレーニング。ひき算・たし算の基礎になります。 ひとけたの数字をたして10にしたり、10からひいたりして、10がいくつといくつからできているかを意識させる問題です。
5、2〜4、6〜9、1の段の順に学習し、「かけ算フラッシュ」でまとめをします。 A+□=B→B−A=□などのきまりにそって、□にあてはまる数を求める計算です。たし算・ひき算・九九があります。 2つの数の和をパッと答えます。たし算・ひき算・かけ算があります。
ある数から、その10分の1にあたる数を9回ひく計算です。たし算・ひき算があります。 2けたや3けたの数と1けたの数を計算します。たし算・ひき算・かけ算・わり算の問題があります。 ひっ算でかくされた、□にあてはまる数を答える計算です。たし算・ひき算・かけ算・わり算の問題があります。


(C)2006 HIDEO KAGEYAMA/Shogakukan
Copyright(C) Shogakukan Inc.2006 All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
>>>お問い合わせ
小学館ロゴ